62歳からの楽しい起業

ロビームにまつわる研究内容や所感を日々記録します。

フォレスタクリエーションの買収

フォレスタクリエーションの買収失敗について備忘しておきます。今でも、時折、当時を思い出して反省しています。

買収の布石は、亡き中島さん(コンサル)と、千葉の居酒屋での会食に遡ります。和光店開業、東京ガススポーツの買収とまずまずの成功を収め、自信に溢れているときの面談でした。「どこか良い買収物件ありませんか?中島先生の前職のフォレスタいかがでしょうか?」中島さんからは、明快な答えはなかったと記憶していますが、否定もしませんでした。それから半年後に金融機関からフォレスタの打診がありました。それに飛びつきました。親会社はそれまでの成功で、応援の姿勢でした。実際に何度か施設見学もして、ひっかるものがありましたが、強行してしまいました。ひっかかるものとは、施設の老朽化でした。競合も気になりましたが、駅から近いので頭から消し去りました。さらに買収の途中で、2社の競合が発生したので、さらに買収の要求が高まりました。(今思うと金融機関の嘘だったかもしれません)結局、10億円を超える金額にせり上がりました。

その時に二人の反対者がありました。私の部下、AKさんと前職の会社の後輩、MK氏です。「良い案件ではない」「本当に大丈夫?」の意見を私は無視しました。「私は、ツイてるから大丈夫!」 また、考え直す機会は何度もありました。相手のエージェントから、最も古い施設抜きでもよい」との話もあったのに、これも無視。ただただ規模拡大に邁進していました。

買収後、それまでの外注業者(テニスやショップ)を全て排除、1ヶ月以上も休業、過大なリニューアルなど、今思うと狂人に近い判断でした。「新しい酒は新しい裘に盛れ」と妄信していました。

結果はご存じの通り14億円の損害を蒙りました。この損害を埋めるのに、指定管理、介護予防で5年近くかかりました。痛恨の判断ミスでした。

親会社のS社長に撤退の報告をしました。

「いくらの損害か?」

「14億円です。」

「そんなものか、来期、単年度で黒字か」

「はい」

縮小均衡は事業家ではない、こういうときこそ新しい事業を考えなさい。個人的に責任をとるつもりか?」

「そのように考えています」

「君一人で投資を決めたのではない、ここにいる役員も含めて私が決めた。君に責任をとらせたら、以後、当社で新規事業を志す人間はいなくなる」

S社長の温かい言葉に救われました。

f:id:tao-roshi:20201210171107j:plain

松戸店

f:id:tao-roshi:20201210171143j:plain

本八幡

f:id:tao-roshi:20201210171657j:plain

行徳店

 

フィットネスとコロナ

米国のスポーツジムチェーン「24アワー・フィットネス」が連邦破産法第11条の適用を申請(日本の民事再生)したのには本当に驚きました。

f:id:tao-roshi:20201201190408j:plain

先日、フィットネス業界の人とコロナの話をしました。概ね、総合型フィットネスクラブは売上高3割減で、軒並み赤字転落だそうです。固定費が高い収支構造ですから3割減れば赤字は必至です。
さらに幽霊会員が辞めて利用率は上昇中だそうです。これまで幽霊会員の会費で成り立っていたビジネスモデルが崩れかかっています。何度使っても月会費は同額という、これまでのモデルでは、利用率が30%を超えると混雑で新規会員募集が難しくなります。三密防止で、スタジオやランニングマシンでの利用吸収が難しくなっています。(収容キャパ減発生)
その対応として、各社、コスト削減と補助金獲得に走っているそうです。家賃減額の要請、外注の内部化、雇用削減などで経費圧縮を徹底的にすすめています。正社員の多い企業では雇用調整助成金をフル活用しているそうです。
岡目八目で眺めてみると、今後、市場規模の縮小、企業再編(買収と倒産)、イノベーションが予想できます。特に資金の少ない独立企業体は正念場を迎えることになるでしょう。この時期に経営していない私は、個人的には幸運だったかもしれません。(申し訳ありません)
都度料金制への一部移行が必要かも知れません。マニア系のジム、スイミング、予約制のジム・スタジオは比較的強いようです。転換に時間と資金が必要ですが、そこにシフトするのも一方法です。ネット指導はマネタイズが難しく、成功者が少人数の可能性が高いと思います。介護予防運動に走るのは需要が底堅いので、よいかもしれません。指定管理者になって、しのぐというのも一方法です。
問題は資金繰りです。企業の究極の目的は「存続」です。この難局で経営者の実力が大いに試されます。社長、がんばれ!

介護予防事業

フォレスタクリエーション買収に失敗して、もう大きな投資を親会社はしないと結論づけました。指定管理に大きく経営の舵をきりました。指定管理は期間限定ですが、施設への投資がないので継続可能です。その中で行政との繋がりが深くなり介護予防事業にも参加するようになりました。健康運動指導士の資格取得促進や管理栄養士の採用、看護師派遣会社との契約など、その時々で対処しました。シフトを含めた人事問題や、派遣しやすい案件の発見など幾多のハードルがありました。「転倒骨折予防教室」など、川崎市横浜市横須賀市高槻市茨木市など、直営店のそばでのみ提案書を提出、獲得しました。結果として億を超える売上と50%を超える利益率を確保し、会社全体の業績アップにつながりました。私の経営では成功の部類です。また児島部長の提案で、介護予防専用のユニフォームをダダグラム岩男さんにデザインしていただくなど、モチベーション向上策も行いました。当時のプログラム担当、久保田さんが素晴らしい提案書を書いて、私が監修、価格決定しました。

f:id:tao-roshi:20201119144606j:plain

 

運営受託

明治スポーツプラザは、直営店、指定管理施設運営の他に、運営受託もやっていました。それぞれに物語があります。忘れてしまったことも多いのですが、2001年頃、海浜幕張東京海上の「エランスポーツクラブ」を3年ほどやりました。2008年頃、楽天本社内のフィットネスエリアの運営受託を1年間ほどやりました。広島の「リンクス」も1年ほどやったように記憶しています。2009年頃、横須賀サブアリーナ・くりはまなど横須賀の受託を2年ほどやりました。セイジョーさんの小型施設(ジムのみ)も2店舗やりました。徳之島の案件に手を出したり、いろいろ取り組んでいました。良い思い出ばかりではありませんが、追々書いてみます。

f:id:tao-roshi:20030925182220j:plain

 

エルローズ

社長なりたての2004年春頃、突然、福井のエルローズの社長からコンタクトがありました。住友銀行の福井支店長と一緒に川崎本社を訪れました。「福井市内でフィットネスクラブを新設したいがコンサルをお願いしたい」とのことでした。エルローズは、身体障害者用の下着を製造するメーカーで、安売り酒販店に参入するなど、たたき上げの凄い方でした。
毎月100万円の報酬の契約を結び、同年9月、現地調査に福井に出張しました。3000坪の土地に建坪1000坪以上の総合型フィットネスクラブを建設する計画です。引きこもりの息子さんへのプレゼントのようでした。
役員列席の酒宴で、社長からザバス成功の理由を問われました。「第一にお客に恵まれたこと、次に従業員に恵まれたこと、さらに運に恵まれたことです。付け加えれば、私が気の小さい人間だからです」と答えたところ、役員たちを諭すように「私のまわりの事業家たちで豪胆な人間は皆倒れた、今日の石原さんの言葉を忘れないように」と賛辞をいただきました。その後の買収失敗を考えると穴に入りたいほど恥ずかしいです。写真はエルローズ本社です。
結局、6ヶ月ほどでプランは立ち消えになりました。健康食品(らっきょう、ミストサプリ)でエルローズのために投資したので、あまり儲からなかったことを覚えています。

f:id:tao-roshi:20200922202727j:plain

 

逝くものは斯くの如きか、昼夜を舎かず

 旧い友人が肺がん宣告を受け治療しています。今日は、生死について考えます。先日読んだ「還暦からの底力」(出口治明著)には「死んだら物質に戻り地に帰る。そこに感傷の入り込む余地は全くありません。」と身も蓋もない論でした。そうであっても、せめて心に残る友人、先輩、後輩のレクイエムを残します。生きた証はせめて私が生きている間は有効です。

 47年前に一緒に明治製菓に入社した薬剤師の占部君(享年37歳)。九州男児で男前、「俺、石原みたいに頭良くないけど一緒に頑張ろう」といつも言っていました。2ヶ月、百合ヶ丘の研修所で一緒に暮らしました。短い間に無二の親友となり、お互いの結婚式に出席しました。
 30年前、東京支店に勤務しているとき一枚のファックスが来ました、占部なにがしの死亡通知でした。「父親がなくなったのかな」と思いましたが、よく読んでみると本人の死亡通知でした。衝撃でした。
 葬式には間に合いませんでしたが、九州に飛び、奥様に面談、焼香。壮絶なガン治療の有様と残された一人息子の行く末の不安を聞きました。奥様とは、今も年賀状の交換をしています。「何かあったら何でも相談してください」と毎回書いています。息子さんは京都の大学を出て成人、奥様は今筑波で暮らしているようです。一度も相談はありませんでした。

 明治製菓薬品東京支店、里見さん(享年62歳)。ある日曜日、仕事が間に合わず出勤、里見さんも出勤していました。ゆっくり話したのはその日がはじめてでした。元組合の委員長で人間的にとても練れた方でした。「石原君は、黒白はっきりさせるのが好きなようだが、灰色という選択肢がある。何もしないという選択肢もある」その日は、午後か夜遅くまで、ひっそりとしたオフィスで延々と語り合いました。その日からことある毎に里見さんのところに行って雑談するのが日課になりました。
 定年後、すぐに土地建物取引主任の資格を取得して仕事を始めた矢先、奥様から死亡の連絡がきました。もう27年くらい前のことです。里見さんは桐原さんに次ぐ第二のメンターで今でも私の思考の中心です。 

 明治製菓の後輩の高尾君(享年34歳)。よく飲みにいきました。パソコンソフトの操作法も教えてあげました。高尾君は、はじめ千葉でプロパーをしていましたが、後に本社で制がん剤の開発部署で働いていました。
 30年ほど前、肺がんで死亡しました。ある日、入院している病院にお見舞いに行きました。呼吸が苦しそうで咳こんでいました。「また、銀座のルパンに行こう」と励ましました。別れ際に彼の手を握りました。「私を連れて行かないでね」は余計な想念でした。霊柩車は明治製菓本社を一周しました。そして彼の実家広島での葬式に参列しました。父上から「再婚の確執で仲違いをしていたが入院中に一緒に寝て、氷解したのがせめてもの救いだ」と述べておられました。

 

メイカ 2008年3・4 vol.504

明治製菓の社内報メイカvol.504の特集「もっと知りたい国内グループ会社」に、明治スポーツプラザ、道南食品が取り上げられています。当時は千葉が惨憺たる状況で心穏やかではない時期でした。精一杯、見栄をはっています。

f:id:tao-roshi:20200831123738j:plain

f:id:tao-roshi:20200831124021j:plain

f:id:tao-roshi:20200831124104j:plain

「2007年春、千葉に3店舗オープン、直営10店に!」「2008年1月、全店にサプリメント付き会員制度を導入」

「夢が叶うマイクラブ」の実現に向け「DASH!08」最終年度もまい進します。「食とスポーツの融合」は当社の礎。土を十分に耕し、植えた苗を力強い、そして他にはないおもしろい味を持つ大木の育てることで、会員さん3000名の夢を叶えます。